バターを保存する時の
注意点と最適な方法
おいしいを持続させる保存方法
 






 
バターは海外では基本的には常温保存が常識
 
常温保存が利便性の上でも良いのですが、バターは18℃を超えると柔らかくなりすぎて
28℃あたりで溶け出してしまいます。室温が18℃以下でないと常温保存は難しく
一度溶けてしまうとそのほとんどが油脂分なので酸化してしまうだけでなく
成分と油が分離して元に戻すのは難しくなります。カビも生えやすくなってしまいますので
日本では、品質を劣化させずに保存期間を長くしたいのであれば常温保存はお勧めできません。





 
日本でバターを美味しく保存するにはどうしたらいいの?
 
 ●「常温・冷蔵・冷凍に分けて保存」
バターの最適な保存温度は、5℃前後です。つまり冷蔵庫の温度がそれに当たりますが、バターには匂いを吸着しやすい性質があります。また、長く冷蔵保存するとバターの美味しい風味は損なわれてしまう。
そこで、私達がおすすめする美味しいバターの保存はこうです!

,垢飴箸κは常温保存
真夏の室温の高い時期は避けてくださいね、室温が18℃を超えない季節ならすぐに使う分は常温に出しておいて
柔らかく風味が最大に美味しいポイントでお召し上がりください。
⇔篥爐琶歛犬できます!
1回分、例えば10〜25gずつに小分けしたものを、乾燥・酸化防止のためラップにくるんでそれをフリーザーバッグやタッパーなどに密閉できるように入れて、冷凍保存します。バターなどの乳製品はゆっくり冷凍すると風味が落ちてしまうので、なるべく早く、急速冷凍できればそれが一番。
2週間ほどで使い切る分は冷蔵保存
いわゆる最適温度での保存は2週間まで。それ以上は風味が損なわれるし、保存状態によっては劣化・腐敗してしまいます。また、常温・冷蔵保存のバターが切れるちょっと前から冷凍保存の商品を冷蔵庫に移して庫内で解凍。
 
 ●「柔らかいバターを使いたい!」
常温で保存するメリットはもうひとつ、柔らかいバターをそのまま使えるから。
冷蔵庫から取り出したばかりのバターは硬すぎて取り扱いが大変ですが
この解決方法はズバリ「15〜30分前に冷蔵庫から出す」です。
非常にシンプルなことですが、フランスの生産者さんも全く同じ回答でした。
「使うちょっと前に冷蔵庫から出せばいいだけよ」





 
バターを冷凍する場合
 
まとめ買をして頂いても、冷凍保存が可能です!
当店でお届けさせていただくバターは冷蔵での賞味期限が約7日間から20日間となります。
賞味期限内はお届け時についている紙でそのまま保存していただくのがベストです。
これは余分な水分を紙が吸い取る役目と他の商品の香りが付くのを防ぐ役割があります。
また冷蔵賞味期限近くなったら冷凍保存をしましょう。
しっかりと保存して使用すれば風味損なわれることなく
美味しくお召し上がりいただけます。実際に料理人、製菓職人、パン職人さんはフランスのバターは
作るうえで欠かせないために常に冷凍庫で保管して凍ったまま使うのです。

凍ったバターが解ける瞬間は香りが最も高くなります。
パンなどに塗ってそのまま食べる場合は前日に冷蔵庫で解凍してください。
また保存方法ですが商品に限りなくラップしてください。
密着なしで冷凍保存してしまいますと冷凍焼けを起こしてしまいます。
さらに新聞紙新聞紙で包みます。これは冷凍庫内の温度変化
そして霜取りでの温度上昇を最小限でクリア出来るのです。
新聞紙で包むことにより、バターと新聞紙の間に出来た空間の温度保たれるからです。
これをしっかりとやっていただければ3ヶ月程度は品質・風味が保てますので是非お試しください。

補足
◎ 料理などで1回にお使いになる量、例えば10〜25g程度ずつに小分けしてラップ等で包むなど、分けて保存するとよいです。お使いになるときは必要な分だけ冷蔵庫内で解凍してお使いください。また、解凍後は早めにお召しあがりください。
◎ 冷凍保存は冷蔵保存よりも日持ちしますが、ご家庭の冷凍庫は開閉時に庫内の温度が上昇しやすいため、長期にわたる保存はおすすめしません。
◎ 冷凍保存したバターを解凍した後、再度、冷凍保存することはおやめください。
バターの冷凍保存についてはこちら





 
上手な保存方法『バターの腐敗と酸化を防ぐ』
 
バターは、腐りにくいですが、油の酸化などにより劣化していきます。長く使用したい場合は、できるだけ空気に触れさせないように保存する必要があるので、市販のバターケースに移して保存するのはあまりおすすめできません。
フランスではバターの消費量も多いので、バター生産者さんは買ってきたバターの包み紙でピッタリと空気を遮断すれば十分だと言っていましたが、やはりおいしいバターを特別に買ったのだから、その美味しさが持続する最大の保存を心がけたいと思いませんか?気密性の高いバター用の容器なども販売されていますのでそういったものを使用するのもいいかもしれません。
バターは水分が少ない上(作る工程の中で、これでもか!と水分を抜いていきます。バターの作り方についてはこちら→)
そのほとんどが油脂分ですのでもともと腐りにくいのですが、保存状態が悪かったり分離してしまった場合は腐ってしまう可能性もあります。一度使用したようなナイフですくったり、パンくずが入ると不純物が混じるため、カビが生えたりすることもありますので注意が必要です。また、ナイフを入れっぱなしにすることも避けた方が良いでしょう。
 


 
グラスフェッドバイオバター/Grand Fermageはこちら
エシレ/ECHIRE A.O.Pはこちら
オーボンブール/AU BON BEURREはこちら
ボルディエ/BORDIERはこちら
マリアーヌーカンタン/CANTANはこちら
ベイユヴェール/Beillevaireはこちら

 













ハイ食材室Parisは、食材をパリから直送する食の専門サイトです!
当店は本社をフランスパリに置く乳製品専門の販売会社です。食べる幸せを日本へ伝えるつづける事、感動的な食材に出会ったときその感動を感じたままに伝え続けていく事ができるよう2015年11月に設立。当店はパリのランジス市場から、商品をお客様のお手元までお届け致します。当店が販売する商品は、ヨーロッパの食の玄関ともいわれるヨーロッパ最大級のランジス市場内パートナー企業より仕入れを行っております。弊店に記載がある商品は全て現地メーカーから直でお取引を行われた100%本物である事を保証致します。その際の配送会社は日通フランスの国際貨物(Nippon Express France S.A.S.)と日本郵便(チルドゆうパック)を使用してお届け致します。尚、紛失等で万が一商品がお届け出来なかった場合は、完全に保証させて頂きますので、ご安心くださいませ。






取扱商品一覧/ブランドから探す

ベイユヴェール バター
パンプリ バター
ボルディエ バター
プレジデント バター
オーボンブール バター
イズニー バター